沖縄の最高な贅沢


島国日本の中でも沖縄は珊瑚礁の島として有名であり、離島も数が多く、観光地としても大変有名です。沖縄という風土を満喫するのであれば、本島よりも離島がお勧めです。沖縄本島は本島といわれるだけあって、沖縄そのものだといって過言ではありませんが、戦後米軍の影響を色濃く受けたため、琉球+アメリカの文化が融合しています。また那覇市を中心とした南部は都市化が進み、便利で楽しい街ではあるものの、南国都市という雰囲気になっています。そのため南国そのものを楽しむとは、楽しみ方が少々異なってしまうことになり、都市化がされてない離島のほうが本来の南国である「沖縄」を楽しむことができるのです。

南国の楽しみ方は観光やグルメ、マリンスポーツなど様々なものがありますが、究極の楽しみ方は「雰囲気」そのものです。自然を楽しむのであれば熱帯雨林のジャングルにいけば良いのですが、そうではありません。沖縄は日本本土と気候も違いますが、その気候により生活する人の環境が変わり性格も違います。時間の流れ方そのものが違うような空気であり、そこで生活する人のリズムに合わせ、手つかずの自然ではなく最低限に生活するために整えられた環境、適度に融合した自然と生活との風景を、独自の時間の流れにまかせて眺めるというのが最高の贅沢であり癒しの空間だといわれる由縁でもあります。型通りの観光を行うのではなく、フリータイムをのんびりと過ごす。これが南国沖縄での最高の贅沢だといえるでしょう。